買い下がり

読み方: かいさがり
分類: 投資手法

買い下がりは、本来の意味としては、マーケット(相場)の下落トレンドの反転などを予想して、ロング(買いポジション)を適宜クローズしたり縮小したりして、安く買い直すことをいいます。

具体的には、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などで、買いポジションを作って利益を上げる運用において、相場が下げたら買って、相場が上げたら売ってを繰り返しながら、相場の下落と共に、買値を安くしていく投資手法を指します。

また、逆張り投資家やバリュー投資家などが、平均購入単価を計画的に下げることを目的に、相場が下がっている状況で追加購入していく逆張り型の投資手法を意味する場合もあります。

買い下がりの概要

なお、買い下がりと似たような投資手法に「ナンピン買い」がありますが、これは相場が下がって評価損が出た時に、平均買付コストを下げるために、さらに買付けて買いポジションを増やすことをいい、買い下がりと比べて、うまくいかなかった場合のリスクは大きいです。