約定代金

読み方: やくじょうだいきん
分類: 取引・決済

約定代金は、売買契約において、執行された注文の売買が成立した代金のことをいいます。

株式や債券、投資信託、外国為替証拠金取引、株価指数先物・オプション取引、商品先物取引など、資産運用全般で使われる用語で、具体的には、"買い注文"または"売り注文"が約定(成立)した時に「約定代金=約定値段×約定数量」で計算されるものであり、手数料や消費税などを加味した受渡代金とは異なります。

<投資> <投資信託の約定代金について>

通常は、口数基準価額を掛けた金額を指すが、買付時に信託財産留保額を負担するファンドでは、「口数×(基準価額+信託財産留保額)」が買付約定代金となり、また売却時に信託財産留保額を負担するファンドでは、「口数×(基準価額-信託財産留保額)」が売却約定代金となる。