相関係数

読み方: そうかんけいすう
英語: Correlation coefficient
分類: 運用理論

相関係数は、二つの変量間の相関関係の程度(二つのものの間に関連があるか否か)を示す数値をいいます。

二つの確率変数の間の相関を示す統計学的指標で、特に単位はなく、-1から+1の間の実数値をとり、+1に近い時は二つの確率変数には「正の相関」があると言い、一方で-1に近い時は二つの確率変数には「負の相関」があると言い、また0に近い時は「元の確率変数の相関は弱い」と言います。

一般に相関係数は、資産運用においては、二つの銘柄または二つの商品の間に見られる「値動きの関係を表す数値」として活用されています。この数値は、-1から+1までの範囲で表され、+1に近い場合は二つの値動きが同じように起こる傾向が強く、0に近い場合は値動きに関連性がなく、-1に近い場合は反対の動きを示す傾向が強いと考えられます。

通常、株式や債券、通貨、コモディティなど複数の商品に投資してリスクを分散する「分散投資」を行う場合には、相関関係ができるだけ小さいもの同士を組み合せる方が、リスク低減効果がより大きくなると言われています。