InsurTech(インシュアテック)

読み方: いんしゅあてっく
分類: 概念

InsurTech(インシュアテック)は、「Insurance(保険)」と「Technology(テクノロジー)」を組み合せた造語をいいます。これは、保険と情報技術(IT)を融合したイノベーションを指し、金融とITを融合させた「FinTech(フィンテック)」に続き、2016年頃から日本でも動きが活発になり始めました。(広義では、InsurTechは、FinTechに含まれる)

現在、生損保各社では、将来的に大きなカギとなるインシュアテックに対して、IT企業やベンチャー企業などと連携し、AI(人口知能)やビッグデータ解析、IoTなどの最先端の技術を活用し、これまでにない保険商品の開発、顧客向けサービスの改善、バックエンド業務の改革などを実現する取組みを積極的に進めています。

●これまでにない保険商品の開発

リスクに応じた保険料の柔軟な設定
・従来は保障(補償)できなかった対象をカバー
・1日単位など保険期間を柔軟に設定できる保険商品 他

●顧客向けサービスの改善

・申し込み手順の効率化
・顧客対応の自動化や迅速化
・保険料シミュレーションの高度化 他

●バックエンド業務の改革

・日常業務の定型作業の自動化
・保険料の査定や引受けの効率化
・保険契約の保全の効率化
・保険金支払いの高速化や効率化
・契約内容の見直しの高度化 他