後遺障害

読み方: こういしょうがい
分類: 損害保険(仕組み)

後遺障害は、保険においては、交通事故などで負傷した結果、その後の生活に大きな影響を及ぼすような障害のことをいいます。これは、具体的な状況として、身体の一部を失った、身体に重大な機能障害を永久に残した、あるいは負傷に対する治療効果が期待できなくなり、その症状が固定したような場合を指します。

一般に障害の等級は、厚生労働省の障害等級表において、1級から14級まで細分化され、事故に遭った場合の逸失利益の算定の際などは、この等級によって計算されます。また、後遺障害の1級・2級・3級のうち、神経系統の機能、胸腹部臓器の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができない場合を「重度後遺障害」と言います。(労働能力喪失率表で、1級~3級は労働能力喪失率100%で、以下、漸減して14級では5%となっている)

ちなみに、後遺障害保険金とは、偶発的事故によって受けたケガが元となって、後遺障害が残った場合に支払われる保険金のことをいいます。