ボベスパ指数

読み方: ぼべすぱしすう
英語名: Bovespa Index(Ibovespa)
分類: 株価指数(ブラジル)

ボベスパ指数は、ブラジル連邦共和国の最大都市サンパウロにあるサンパウロ証券・商品・先物取引所(BM&F Bovespa)に上場する、最も流動性の高い銘柄で構成される出来高加重トータルリターン指数をいいます(流動性を考慮した加重平均指数で、配当込みのトータルリターン指数)。これは、南米のブラジル株式市場の代表的な株価指数で、1968年2月1日を基準日とし、その日の指数値を100として算出されます。

一般にブラジルは、世界の中で台頭する新興大国のBRICsの一つであり、広大な国土と多大な人口、豊富な天然資源、航空機・自動車・鉄鋼などの工業生産、世界的な農産物生産など、中長期的に資源・工業・農業の面でバランスの取れた高い経済成長が予測されており、投資対象国として世界的に注目されています(その一方で、内政面で多くの問題を抱えていますが、将来的なポテンシャルは非常に高いです)。

現在、日本において、ブラジル株への投資を考える場合、投資信託のブラジル株ファンド以外に、ETF(上場投信)の「NEXT FUNDS ブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信」があり、後者は、ブラジル・レアルベースのボベスパ指数を対象株価指数とし、円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目的として発行された有価証券に投資を行ない、円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目指すものとなっています。