合成の誤謬

読み方: ごうせいのごびゅう
英語名: Fallacy of Composition
分類: 概念

合成の誤謬は、部分的には合理的に正しい行動が、全体としては間違った結果を導き出すことをいいます。これは、経済学の用語で、個人や企業などがミクロの視点で合理的な行動をとった結果、それが合成されたマクロでは意図しない結果(悪い結果)が生じることを指します。

例えば、個人にとって貯蓄や節約は良いことであっても、全員が同じように取り組めば、消費が減って景気は悪化したり、また企業が経営の健全化のために人件費を削減すれば、所得が減って個人消費が減少し、景気の低迷を長引かせる結果となることなどが挙げられます。