非ケインズ効果

読み方: ひけいんずこうか
英語名: Non-Keynesian Effects of Fiscal Policy
分類: 景気

非ケインズ効果は、不況の時に財政支出を減らしたり、増税をしたりすることで景気が良くなることをいいます。これは、不況時は財政支出や減税により有効需要を補うべきと主張したケインズ理論とは逆の考え方で、1980年代後半からヨーロッパを中心に議論され、Giavazzi and Paganoによるデンマークとアイルランドに関するケーススタディ(実例)により広く知られるようになりました。

一般に非ケインズ効果では、人々は将来の予測に基づいて行動するとされることから、例えば、国の財政赤字が深刻な場合、財政支出や減税が将来の増税を逆に意識させ、消費を手控えさせる結果を招くとされます。