ゼロエミッション

英語: Zero Emission
分類: 環境

ゼロエミッション(Zero Emission)は、人間の活動から発生する排出物を限りなくゼロにする試みをいいます。

1994年に国連大学が提唱した考え方で、広義には、あらゆる廃棄物を原材料等として再利用することにより、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会システムを指し、また狭義には、生産活動から出る廃棄物のうち、最終処分(埋立処分)を行う量をゼロにすることを指します。

一般に社会において、ゼロエミッション対策を行うことによって、リサイクルによる資源の有効利用や廃棄物の削減にとどまらず、それに取り組む企業等の処理コストの削減や処理方法の効率化、リサイクル事業といった新たな循環型産業の創出を通じた地域活性化にも繋がるとされます。また、推進する上で最も重要なことは、廃棄物の再利用先の確保です。

現在、「ゼロエミッション」という言葉は、上記以外に、温室効果ガスの排出実質ゼロの意味でも多く使用されており、また地球規模で環境問題が深刻化する中、世界各地で様々なゼロエミッションを実現する取り組みが進められています。