国際金融ハブ

読み方: こくさいきんゆうはぶ
分類: 国際金融

国際金融ハブは、世界的な金融の中心のことをいいます。これは、特に明確な定義はありませんが、欧州・北米・アジアで中核となる国際金融センターと言ってもよいかもしれません。

現在、世界には、ロンドン、フランクフルト、パリ、ニューヨーク、東京、上海、香港、シンガポールなどの国際金融センターがありますが、「国際金融ハブ」と言った場合、欧州はロンドン、北米はニューヨーク、アジアは香港と認識されることが多く、東京は国際金融ハブにはなれていません。

2020年に中国が香港国家安全維持法を施行し、香港に高度な自治を認めた「一国二制度」が根本から揺らぎ、今後、香港のアジアでの位置づけが不透明となる中、日本(東京)が国際金融ハブになれるかどうは、税制面や人材面、拠点誘致、規制緩和、フィンテックなどが大きなカギとなります。