貸付有価証券

読み方: かしつけゆうかしょうけん
分類: 証券

貸付有価証券は、所定の貸付料を徴収し、銀行等の金融機関が顧客に国債等の有価証券を貸し付ける取引をいいます。

物的信用力を顧客に利用させるもので、一種の債務保証としての側面を持ち、具体的なケースとして、税金等の延納、供託金、保証金、商取引などの担保として一時的に有価証券を必要とされる場合が挙げられますが、昨今では、時代の変化や金融の多様化の中でほとんど行われていません。

なお、貸付有価証券は、簿記においては、有価証券を貸し付けた場合に、これを管理するための備忘勘定となっています。