ユーロ圏総合PMI

読み方: ゆーろけんそうごうぴーえむあい
分類: ユーロ圏

ユーロ圏総合PMIは、「ユーロ圏購買担当者景気指数」とも呼ばれ、S&Pグローバルの一部門であるIHSマークイットが算出・公表する、ユーロ圏の製造業とサービス業の双方の購買担当者景気指数(PMI)を合わせた総合指数をいいます。

PMIとは、製造業やサービス業の購買担当者を対象にアンケート調査や聞き取りなどを行い、新規受注や生産高、受注残、価格、雇用、購買数量などの指数に一定のウエイトを掛けて算出する指数をいい、通常、景況感の改善と悪化の分岐点となるのが50で、また50を上回ると景気が上向き、50を下回ると景気が下向きを示唆すると言われます。

現在、ユーロ圏総合PMIは、毎月下旬に直近(同月)の速報値が発表され、また毎月上旬に前月の確報値が発表され、政府機関が発表する経済指標に先行していることから、最新のユーロ圏の景気動向(景況感)を知る上で広く注目されています。