BBレシオ

読み方: びーびーれしお
英語名: Book-to-Bill Ratio
分類: IT関連

BBレシオは、出荷額(Billing)に対する受注額(Booking)の割合のことをいいます。これは、半導体業界などで需給関係を表す指標として使用され、その割合が上昇すると業界の景況感が好転したと判断されます。また、指標(統計)において、半導体そのものではなく、半導体製造装置の指標が注目されるのは、半導体生産に先立って発生する半導体製造装置の受注・販売が業界全体の先行指標となるからです。

一般にBBレシオの動きは、業界全体の景況感の強弱を示し、1倍が好不況の目安となります。通常、需要が供給より多いと1倍を上回り、先行きに明るさが出ている(先行きの業績拡大が見込める)ことを示すのに対し、供給過多の状態だと1倍割れになります。例えば、BBレシオが0.7の場合、出荷が100に対して新規受注が70ということになり、業界の景気が下降局面にあることが分かります。

<日本の半導体業界のBBレシオ---公表中止>

長い間、日本では、日本半導体製造装置協会(SEAJ)が発表するBBレシオが有名で、具体的には、日本製の半導体製造装置を対象とし、その算出にあたっては、受注高・販売高の3カ月移動平均データを使用していました(3カ月移動平均の受注額を同出荷額で割った数値)。

2017年5月から、SEAJは、国内最大手の東京エレクトロンが2017年4-6月期決算から受注額の開示を取りやめることに伴い、同社を含まない数値では業界の実態を正確に示せないと判断し、BBレシオの公表を中止しました。なお、販売高については、「日本製半導体・FPD製造装置販売高(速報値)」として従来どおり公表しています。

ちなみに、株式市場においては、BBレシオが公表されていた時、半導体関連や電機などのハイテク株はBBレシオと連動して動く傾向がありました。