スクリューフレーション

英語: Screwflation
分類: 物価

スクリューフレーション(Screwflation)は、2010年代から使われるようになった米国発の造語で、中間層の貧困化とインフレーション(生活必需品の上昇)が同時に起きる現象をいいます。

「中間層の貧困化(Screwing)」と「インフレーション(Inflation)」を組み合せた合成語で、中間層(低中間所得層)の所得が減る(伸びない)一方で、生活必需品の支出が膨らむ状況を指し、これにより生活必需品への消費が所得比率の中で高い人々の貧困化に拍車がかかることになります。

一般にスクリューフレーションは、エネルギーや食料などの輸入依存度が高いほど起きやすいとされ、その背景には、世界経済の一体化とグローバル化、テクノロジーの進歩、臨時雇用(非正規雇用)の普及といった大きなトレンドがあると言われています。

昨今では、この現象は、米国だけでなく、諸外国でも起きており、日本の場合、所得が伸びない中、生活必需品が上昇する一方で高額品が下落し、生活に密接したモノ・サービスの価格上昇の認識が強く、デフレを感じさせない状況となっています。