ワロス曲線

読み方: わろすきょくせん
分類: チャート

ワロス曲線は、2008年-2009年の韓国通貨危機の際に、韓国ウォンと米ドルの為替チャートに見られたグラフ波形(チャート形状)の俗称をいいます。これは、韓国ウォンが値上がりした(線が下に移動した)かと思うと、すぐに値下がりして(線が上に移動して)元に戻るという、どう見ても尋常ではない定期的な上下の値動きが一日に何回も、数時間単位で延々と繰り返されたもので、この「\/\/\/\/」という形状が、ネットスラングの「wwwww」のように見えたことに由来する俗語となっています。

一般にワロス曲線は、当時、サブプライム問題を発端に世界金融危機が広がる中、投機機会を見出したヘッジファンドが韓国ウォンを買う一方で、韓国ウォンの値上がりを食い止めるべく中央銀行である韓国銀行が為替介入をしたため、発生したと言われています(韓国銀行の介入は、防衛ラインに到達すると行われるという稚拙で分かりやすいのが特徴だった)。なお、今日でも、インターネット上のメディアにおいて、このような形状のチャートが見られた時に「ワロス曲線」と書き込む人がいます。