ロンドンフィキシング

英語名: London Fixing
分類: 外国為替市場

ロンドンフィキシング(London Fixing)は、ロンドン市場の16時(夏時間15時)=日本時間の25時(深夜1時、夏時間24時)のフィキシング(値決め)のことをいいます。これは、正確には、金(Gold)のスポット価格を決定することを指すほか、ロンドン外国為替市場において、銀行の対顧客取引の指標となる為替レートが算出・公表されることも指します。また、この時間帯は、外国為替市場では有価証券の決済に絡んだオーダーが多いと言われます。

一般にロンドン市場は、金などの貴金属の現物取引において、世界でも重要な位置を占める市場であり、ここで決定される金価格は世界的な金の価格指標となります。また、金は通常、ドル建てで取引されており、ロンドン・フィキシングによって、ドル資金の需給関係にも影響を与えることから、この時間帯に為替相場が大きく動くことがあります。

・冬時間:東京25時=LDN16時=NY11時
・夏時間:東京24時=LDN15時=NY10時

<本用語の使用例>

・月末・期末を控えたロンドンフィキシングに絡むドル買いが入った
・NY時間に入ってやや売りが出たものの、ロンドンフィキシングにかけて買いも見られた
・ロンドンフィキシングにかけてポンド/ドルは買いが強まり、1.35ドル台後半まで急速に上昇した