市場集中度

読み方: しじょうしゅうちゅうど
英語名: Market Intensity
分類: ビジネス・産業|市場

市場集中度は、単に「市場集中(Market Concentration)」とも呼ばれ、ある財・サービスの市場がどのくらいの企業によって占められているかを示す概念をいいます。これは、一つの市場(業界)において、上位企業の生産や売上高が業界全体の生産や売上高に対して、どの程度占めているかを示すもので、通常、上位数社でその割合が高ければ高いほど、寡占化が進んで競争が失われ、価格設定等で消費者利益が損なわれる傾向があります。また、ある業界において、市場集中度が高まっている要因として大型合併等が挙げられ、それにより大手企業の売上高や利益のシェアが拡大しています。

一般に市場集中度は、市場構造が競争的であるか否かという判断材料として用いられ、またこれを定量的に見る代表的手法として「ハーフィンダール・ハーシュマン指数」があり、多くの国の公正取引委員会で企業合併を判断(承認・拒否)する場合の指針として採用されています。