ヒーティングオイル

英語名: Heating oil
分類: 石油

ヒーティングオイルは、アメリカ合衆国の一般家庭において、暖房設備のボイラー用燃料として使用される「暖房油」のことをいいます。これは、原油の中間産品の混合油で、その成分については軽油やA重油の比重が大きく、また原油から分留して2番目に取れることから「No.2 Fuel Oil」とも呼ばれます。ちなみに、「Heating oil」を日本語に訳すと「暖房油」となりますが、日本で使われる暖房油としての「灯油」と「ヒーティングオイル」は全くの別物です。(米国の暖房設備はボイラーで湯を沸かし、その水蒸気をパイプで建物内に循環させるものが主流)

一般にヒーティングオイルの価格は、原油の価格動向に追従しますが、冬場に米国北東地域等を寒波が襲ったりすると、ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)に上場する先物価格(NYヒーティングオイル)が急騰することもあります。なお、ヒーティングオイルの需給動向については、原油と同様、米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計などで知ることができます。