ビックデータ

英語名: Big Data
分類: ビジネス・産業|情報システム

ビックデータは、従来の情報技術(IT)では管理・分析できないほど膨大で多様な「大容量データ」のことをいいます。これは、事業や行政などに役立つ知見を導出するためのデータであり、また本データを用いて社会・経済の問題解決や業務の付加価値向上などを行う事業を「ビッグデータビジネス」と言います。

一般にビックデータの中身は、ウェブサイトのログ、文字・音声・動画等のマルチメディア情報、データウェアハウス、顧客情報、POS(販売時点情報管理)情報、メール、SNS(交流サイト)、ミニブログ、GPS(全地球測位システム)、スマートメーター、乗降システム、通行システム、観測機器、機械センサーなどからリアルタイムで蓄積される膨大なデータであり、特に非定型でリアルタイム性が高いデータを意味することが多いです(定義は非常に曖昧)。

かつては、こうした大容量データを効率的に処理するのは非常に困難でしたが、今日のハードウェアの飛躍的な進化と低価格化、大量のデータを高速処理可能なシステムの発展などにより、ビッグデータを活用できるようになりました。具体的には、大量のデータを高度なデータマイニング手法によって多角的に分析し、その結果を活用することによって、専門家でさえ気づかない事象の変化への対応や、人を介さない意思決定などが実現可能になるそうです。