ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)

英語名: Business process outsourcing
分類: 商慣行

BPOは、「Business process outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」の略で、顧客企業の業務の一部を請け負う事業(ビジネス)のことをいいます。これは、企業が自社の業務処理(ビジネスプロセス)の一部をアウトソーシング(外部業者に委託)することであり、委託側は自社のコア業務に専念することができます。具体的には、コールセンター業務やバックオフィス支援、ソフトウェア開発、情報システム運用、製品製造、車両管理のほか、医薬品開発やエンジニアリンク支援などの知的業務委託(KPO:ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)も増えています。

現在、世界のBPO業界において、インターネットなどの情報技術の進展により、欧米に拠点を置くグローバル企業が、英語を普通に話せて人件費の安い地域に業務を積極的に委託するようになり、特にインドやフィリピンなどに注目が集まっています。また、BPOの顧客への対応の高度化に伴い、単に語学力だけでなく、より専門性の高い人材の確保が重要視されています。

<BPOの主なメリット>

・委託可能な業務を外部に任せることで、限られたリソースをよりコアな部分に集中させることができる
・専門企業に蓄積されたノウハウを活用することによって、プロセスを最適化し、効率的な業務運営が行える
・専門的な知識やスキルを持つ人材が業務を担当するため、法改正への対応や最新の技術の導入などもスピーディに行える
・業務の効率化やスケールメリットなどにより、コストダウンが期待でき、また固定費の変動費化も可能となる
・マニュアルを整備し、各業務プロセスを可視化することで、業務の継続性が確保される