ウィーン金貨

読み方: うぃーんきんか
英語: Vienna Philharmonic Gold Coin
独語: Wiener Philharmoniker
分類: 金貨

ウィーン金貨(Wiener Philharmoniker)は、「ウィーン金貨ハーモニー」とも呼ばれ、オーストリア共和国のオーストリア造幣局が発行する、投資用金貨(地金型金貨)をいいます。

1989年から毎年発行され、純度が99.99%以上の純金(24K)で、1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスの4種があり、また1トロイオンスの額面は100ユーロとなっています。

地銀型金貨:世界のいくつかの政府が発行している法定通貨で、発行元の政府が重量と品位を保証している金貨。

ウィーン金貨

一般にウィーン金貨は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインが特徴で、表面には楽友協会大ホール(黄金の間)にある「パイプオルガン」が、裏面にはビオラなどの「管弦楽器」が浮き彫りにされています。

その美しく芸術的なデザインは、単に財産づくりに活用されるだけでなく、特別な贈り物やジュエリーとしても、世界中から人気があります。また、2007年にウィーン商工会議所により、ウィーンから生まれる、選び抜かれた高品質の名品である「ウィーン・プロダクツ」に正式に認定されています。

なお、オーストリアでは、ウィーン金貨の他に、純度99.9%の純銀製の1オンス銀貨の「ウィーン・フィル銀貨」なども発行しています。