遊休資産

読み方: ゆうきゅうしさん
分類: 財務・会計|貸借対照表

遊休資産は、「稼働休止資産」とも呼ばれ、企業が事業目的で取得した資産のうち、何らかの理由で稼働(使用)していない資産のことをいいます。これは、土地建物の施設の他に、工場内の機械なども含まれ、漫然と所有し続けると、様々な保有コストが嵩むので注意が必要です。

現在、法人税法において、償却資産の要件の一つとして「事業の用に供することができる資産」であるとされているため、遊休資産が事業目的に活用できない状態にある場合は減価償却の対象外となります(遊休資産の場合でも、必要な補修等の実施により、事業目的に活用することができる状態にあれば減価償却の対象となる)。