シリーズA

英語: Series A
分類: ファイナンス

シリーズA(Series A)は、スタートアップ企業において、ベンチャーキャピタル等が最初に出資するラウンドをいいます。

元々は、米国で生まれたファイナンス(資金調達)の仕組みで、商品・サービスのプロトタイプや企画段階の企業が実施する「シードラウンド」の次に行うもので、比較的大きな金額を調達して、商品・サービスを市場にローンチし、ビジネスモデルを確立することを目指します。

※スタートアップ企業:新しいビジネスモデルで急成長を目指す、市場開拓フェーズにあるベンチャー企業。

シリーズAの位置づけ

一般に急成長を目指すベンチャー企業の場合、資金調達が大きなカギとなり、主な段階(ラウンド)には、シードラウンド、シリーズA、シリーズB、シリーズCなどがあり、順調に成長できなければ、次のラウンドには辿りつけません。

特にシリーズAの次のラウンドで、IPO(新規株式公開)に本格的に向かうための資金調達と位置づけられる「シリーズB」は、ハードルとしてかなり高いです。

なお、出資するベンチャーキャピタル等は、通常、複数でシンジケートを構成し、その内の一つがリードインベスターとなります。

※シリーズAの厳密な定義はなく、時代と共に変わっている。