PASMO(パスモ)

PASMO(パスモ)は、首都圏の鉄道事業者とバス事業者が株主となっているパスモが発行する、鉄道やバス、買い物などで利用できる共通ICカードです。これは、一枚のカードで、鉄道やバスの切符として利用できるほか、PASMO加盟店では電子マネーとして買い物の支払いにも利用できます。

ちなみに、PASMO(パスモ)という名称は、「PASSNET(パスネット)」の「PAS(パス)」と「もっと」の意味を表す英語「MORE」(モア)の頭文字「MO」から名付けられたそうです。

目次:コンテンツ構成

PASMO(パスモ)の基本事項

PASMO(パスモ)は、チャージ(入金)によって繰り返し利用可能なICカードです。

現在、その利用メリットとして、多くの交通機関で使える、1枚で繰り返し使える、自動改札機をタッチするだけで通過できる、簡単にチャージできる、乗り換え時の精算も簡単、バスの乗り降りもタッチするだけでOK、買い物もタッチするだけでOK、履歴を確認・印字できる、などが挙げられます。

また、お使いのスマートフォン(iPhone、Android)に、PASMOを入れることもできます。

発行会社 株式会社パスモ
提供機能 ICカード乗車券&電子マネー
支払方式 プリペイド方式
購入場所 PASMO取扱事業者の私鉄・地下鉄の駅やバス営業所等
チャージ上限 20,000円
チャージ方法 私鉄・地下鉄の駅に設置されたチャージ可能な券売機等
バス車内でチャージ
オートチャージサービス(自動的にチャージ、カード決済)
利用可能先 PASMOエリア以外に、kitaca、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAエリアで、電車も・バスも・買い物も利用できる。

PASMO(パスモ)の種類

PASMO(パスモ)は、鉄道とバスで幅広く使える、ICカード方式の交通機関共通乗車カード兼電子マネーで、以下のような種類があります。

無記名PASMO 誰でも利用できるPASMO(大人運賃が適用されるため、小児用はなし)。バスの持参人式定期券を付加可能。
記名PASMO 記名人のみ利用できるPASMO(小児用あり)。紛失時には再発行が可能。
PASMO定期券 定期券として利用できる記名PASMO(小児用あり)。チャージしておくと、改札機にタッチするだけで定期券区間外を乗車した分の運賃も精算できる。
一体型PASMO クレジットカードとオートチャージ機能付PASMOが1枚になったカード。

金融ブランド事典

カテゴリー