ぬるぬる地震

【読み方:ぬるぬるじしん、分類:地震】

ぬるぬる地震は、「スロースリップ(slow slip)」とも呼ばれ、普通の地震による滑り(スリップ)よりも遥かに遅い速度で発生する滑り現象のことをいいます。これは、プレート境界や地下の断層が地表に大きな揺れをもたらさないまま、比較的長い期間をかけて、ゆっくりとズレ動く現象を指します。通常、海溝などの沈み込み帯でよく見られ、また一つのプレートの中に存在する断層の面でも発生するとのことです。

一般にぬるぬる地震によって、ズレた部分は歪みが減少して地震が減る一方で、その周辺は逆に歪みがたまり、地震が起きやすくなると考えられています。今日では、GPS(全地球測位システム)の地殻変動観測調査によって各地で検知されるようになり、大地震の前兆の可能性の一つとして注目されています。

用語集カテゴリー