サムターン回し

【読み方:さむたーんまわし、分類:防犯】

サムターン回しは、鍵の横にドリルなどで穴を開けたり、ドアポケットなどの隙間を利用したりして、針金などの道具をドアの外側から差し込み、室内側のサムターン(ドアの内側に鍵を開け閉めする時に操作するつまみ)を回して解錠する侵入手口をいいます。

一般に本侵入手口に対抗するには、サムターンの回りをホームセンターなどで販売されている「サムターンカバー」で覆い、針金がサムターンに届かないようにするといった方法があります。また、さらに万全を期するなら、専門業者に依頼して、サムターン回しの対策をされたもの(サムターンの形を丸くして手で握らないと回りにくくしてあるもの、押しながら回さないと回らないものなど)に交換すると、より効果的といえます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ