震源核

【読み方:しんげんかく、分類:地震】

震源核は、地震が発生する前に、断層面上で準静的に成長すると考えられている地震の種をいいます。これは、通常、外的な力の増大と共にすべりが進行し応力が低下している地下の領域で、ある臨界状態に達すると成長が加速し、動的破壊である地震発生に至ります。具体的には、地殻において比較的弱い部分からゆっくりとすべり始め(準静的すべり)、それがあるレベルを超えると一気に全体に加速的に拡大(動的すべり)し、地震が発生するとのことです。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ