極微小地震

【読み方:ごくびしょうじしん、分類:地震】

極微小地震は、マグニチュード1未満の規模の地震をいいます。これは、分類上、最も規模の小さな地震で、人間には感じられません。

一般に地震学上では、地震をマグニチュードで分類しており、マグニチュード7以上を「大地震」、マグニチュード7から5を「中地震」、マグニチュード5から3を「小地震」、マグニチュード3から1を「微小地震」、マグニチュード1以下を「極微小地震」としています。

用語集カテゴリー