ソーサートップ

【英語名:Saucer top、分類:チャート】

ソーサートップ(ラウンディングソーサー)は、チャートパターンの一つで、ローソク足(価格)の動きが天井圏で張り付いたようになることをいいます。これは、日本では「団子天井」とも呼ばれ、高値圏で上がっては下がるという動きを繰り返す中で、コーヒーカップの「受け皿(ソーサー:saucer)」のような天井圏を形成するパターンとなっています。

一般にソーサートップは、天井圏で細かく上下してソーサーのような形になるもので、その形成においては、上昇トレンドが続いた後、目立った反落がないまま短期の保ち合い(プラットフォーム)に移行し、しばらくして価格がプラットフォームの安値(ネックライン)を下回ることで完成します。通常、ソーサートップでは、価格がプラットフォームのネックラインを下回った場合にトレンドが反転したとし、売りシグナルと判断します。

<ソーサートップのポイント>

・出現頻度が比較的少ないパターンである
・高値圏でだらだらとした下落になるので完成が分かりずらい
・プラットホームに注目し、また出来高も併せて見るようにする
・形成までにかかる時間が長い程、次の値動きが大きくなる可能性が高い