配当控除

【読み方:はいとうこうじょ、分類:税額控除】

配当控除は、所得税税額控除の一つで、総合課税の配当所得がある場合に、所得税額から一定の金額を差し引ける控除をいいます。

具体的には、日本国内に本店のある法人から受ける剰余金の配当、利益の配当、剰余金の分配、金銭の分配、証券投資信託の収益の分配などが対象で、確定申告において、総合課税の適用を受けた配当所得に限られます。また、住民税にも、同様の配当控除があります。

一般に配当控除率は、課税総所得(申告分離課税分の所得を含むが、山林所得・退職所得は除く)の金額により異なり、現在、所得税では配当所得の10%または5%、また住民税では配当所得の2.8%または1.4%が算出税額から差し引かれます。

金融知識ガイド

税金用語集