iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

特定目的信託

読み方: とくていもくてきしんたく
英語: Special Purpose Trust
分類: 信託種類

特定目的信託は、「SPT」とも呼ばれ、特定資産について、資産の流動化を行うことを目的として、その保有者が信託銀行等に拠出して設立する信託をいいます。

「資産の流動化に関する法律」に基づく制度で、金銭債権や不動産などの特定資産の流動化を図ることを目的として、特定資産の保有者(原委託者)が当該資産を信託財産として拠出し、信託銀行等(受託者)と信託契約を締結することにより、特定資産の保有者が取得した信託受益権を分割して投資家に販売する仕組みになっています。

・信託受益権の販売代金は原委託者に交付される
・特定資産からの収益分配金は投資家に交付される

なお、似たような用語に「特別目的会社(SPC)」がありますが、これは「資産の流動化に関する法律」に基づき設立される特別な法人をいいます。