iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

陰の極

読み方: いんのきょく
分類: 視点

陰の極は、主に株式や商品先物で使われる用語で、相場が下げ続け、これ以上下げようがない水準をいいます。これは、悪材料で売られながら長期で下がり続けた後に、底値圏で売買高が極端に細り、値動きがほとんどなくなった状態を指し、また逆の見方をすれば、相場が転換期に近づいていることを意味します。

一般に陰の極は、悪材料が出尽くして買い安心感があるというよりも、相場が最悪の状態で、さらなる下げが怖いものの、もしかしたら大底かもしれないという意味合いで使われます。

<陰の極に買いの機あり>

底値圏で値動きがなくなった銘柄を買うことで、近い将来の相場の上昇により、大きな利益が得られる機会があることを示唆する格言。