OTC取引/店頭取引

読み方: おーてぃーしーとりひき/てんとうとりひき
英語名: Over The Counter Transaction
分類: 市場取引

OTC取引は、「店頭取引」とも呼ばれ、取引所取引と異なり、売手と買手が相対で取引を行うものをいいます。これは、証券会社や銀行などの金融機関等の店頭カウンター(counter)越し(over)に取引を行うことに由来し、具体的には、非上場株式の取引、公社債の取引、オーダーメイドのデリバティブ取引、外国為替証拠金取引CFD取引などの相対売買で使われる用語となっています。また、相対売買とは、国語辞書では「売り手と買い手が仲介者を入れず、双方の合意によって、価格や数量、決済方法などを決めて取引し、売買契約を締結する方法」のことをいいます。

ちなみに、外国為替証拠金取引(FX)には「OTC取引(店頭取引)」と「取引所取引」の二つがあり、OTC取引では、取扱い業者(金融機関等)によって、その取引(商品)内容が結構異なっています。