コングロマリット

英語名: Conglomerate
分類: 会社区分

コングロマリットは、日本語で「複合企業」とも呼ばれ、相互に関連性のない異業種を多数兼営する企業形態をいいます。これは、業種の異なる企業間の合併や買収を繰り返すことにより、巨大化した多角経営企業のことであり、1960年代に米国で反トラスト法(独占禁止政策)によって、事業間に関連性のある関連的多角化が抑制されたことや、第3次産業の発達などを背景に進展しました。ちなみに、英語の"conglomerate"の原意は、「礫岩(れきがん)」だそうです。

元々は、歴史の浅い無名の小企業が、大規模であるのに経営内容が悪く、また株価が低い一方で含み資産の大きい企業の株式を市場で買い占め、経営権を取得するといった行動を次々に行い、異業種の複合企業を形成したのが「コングロマリット」の始まりだそうです。当時、新興企業であった、ガルフ・アンド・ウェスタン、ITT(インターナショナル・テレフォン・アンド・テレグラフ)、リットン・インダストリーズ、テレダインなどが一世を風靡しました(多くは消え去った)。

その後、1970年代にGEのような一部の巨大企業も本戦略を模倣し、コングロマリット型M&Aに資本を活用するようになり、多業種への展開を開始すると、GMやAT&T、エクソン、IBMなどが追随し、「多角企業」というカテゴリーができました。そして、時代の流れの中で、規制緩和や独占禁止法適用除外などが認められるようになり、「通信メディアコングロマリット」や「金融コングロマリット」などの新業態ができる一方で、多角化から選択・集中へと業態を変える企業も増え、今日では、コングロマリットの業態も変化しています。

ちなみに、日本においては、ソフトバンクグループやソニー、大手商社などは、異業種の複数の事業を抱えていることから「コングロマリット」の一種と言えます。