事業ポートフォリオ

読み方: じぎょうぽーとふぉりお
分類: 会社・経営|マネジメント

事業ポートフォリオは、企業が手掛けている事業の一覧(組み合わせ)をいいます。これは、各事業における収益性や安全性、成長性などを一覧できるもので、事業毎の個別決定と会社全体の最適決定の二つのレベルによって構成されます。また、ポートフォリオとは、世間一般で幅広く使われる用語で、日常的には「紙ばさみ」や「折りかばん」、「作品集」などを、また金融では「資産構成」や「有価証券一覧表」などを、ビジネスでは「事業の組み合わせ」や「製品の構成」などを指します。

一般に企業経営において、限られた経営資源を有効活用するために、全体を俯瞰した上で、どこに経営資源を配分すればよいかを考える必要があり、経営者の視点から「事業ポートフォリオの最適化(事業の選択と集中による経営資源の最適配分)」を図ることが必要になります。また、そのための代表的な手法の一つとしてM&A(Mergers and Acquisitions)があり、社会経済環境や業界・市場動向、自社内部事情などを見極めた上で、将来的な生き残りを図るために、業界再編やグループ再編、事業強化、事業承継、事業譲渡、事業再生などに活用されています。