LBO

読み方: えるびーおー
英語名: Leveraged Buyout
分類: 会社・経営|M&A

LBOは、"Leveraged Buyout"の略で、M&A(企業買収・合併)の一つの手法で、買収先企業の資産または将来のキャッシュフローを担保に、金融機関等から資金調達をして行う企業買収のことをいいます。これは、自己資金が少なくても、大きな資本の企業を買収できることから「テコの原理」が働くことになり、また買収の実施後は、調達した資金が買収された企業の負債となります。

一般にLBOは、短中期の転売を目的としたものと、長期の事業活動を目的としたものに分けられます。通常、前者については、株式市場において、株価が割安で、現金やその他の換金可能な資産など事業価値向上のための投資に回すべき資産を有効活用できていない、資産効率の低い企業が狙われやすいです。また、このケースでは、企業買収に成功すれば、資産の売却や買収企業を他の企業に転売して利益を上げることができます。一方で、後者については、企業が事業拡大や事業転換を図る場合などに活用され、日本で代表的な事例としては、2006年のソフトバンクによる携帯電話大手のボーダフォン日本法人(現:ソフトバンク)の買収が挙げられます。

なお、LBOは、金融機関やファンドなどの資金提供者にとっては、買収に成功すれば資金の回収が可能となるため、比較的リスクの少ないファイナンス案件と言えます。

<LBOの主な特徴>

・買収先企業の事業収益やビジネスモデルを担保に資金を借り入れる
・資本構成の変更と所有権の変更が同時に起こる
・取引の過程に様々な関係者(スポンサー、金融機関、弁護士など)が関与する