費用便益比

読み方: ひようべんえきひ
英語名: Cost Benefit Ratio
分類: 日本経済|行政

費用便益比は、「B/C:Benefit/Cost」とも略され、公共事業の効果を金銭に置き換えて、その妥当性を評価するための指標をいいます。これは、ある事業において、要した費用の総計に対する発生した便益の総計の比率(一定期間の総便益額を総費用で割った値)であり、その値が1以上であれば、総便益が総費用より大きいことから、その事業は妥当なものと評価されます。現在、日本においては、国土交通省の「費用便益分析マニュアル」を基に算定されています。

一般に費用便益比は、道路整備や防災対策、交通機関、市街地再開発などの公共事業の採択時や途中段階の評価を行う際に参照する指標であり、一定の精度をもって金銭的に換算が可能な項目のみを取り扱っているため、多様な効果の全てを評価しているわけではありません(経済波及効果等とは別モノ)。