電子債権記録機関

読み方: でんしさいけんきろくきかん
分類: 電子債権

電子債権記録機関は、2008年12月施行の電子記録債権法によって導入された、電子記録債権制度において中核的な役割を担う、電子記録債権(電子債権)を記録・管理する機関をいいます。これは、コンピュータ上で、電子債権債権者債務者の名前、支払額、支払期日などの情報を記録・管理する業務を行っています。

現在、金融庁から認可された電子債権記録機関には、三菱UFJ銀行が100%出資する「日本電子債権機構(JEMCO)」、三井住友銀行が100%出資する「SMBC電子債権記録」、みずほ銀行が100%出資する「みずほ電子債権記録」、全国銀行協会が100%出資する「全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)」、FintechベンチャーのTranzaxが100%出資する「Tranzax電子債権」の5社があり、その中でもでんさいネットは、日本全国の金融機関が参加する、電子記録債権を記録・流通させる新たな決済インフラとなっています。

なお、電子記録債権法において、本機関の業務・監督等に関する以下のような規定が置かれ、その公正性や中立性を確保するようにしています。

・電子債権記録機関の指定
・電子債権記録機関の兼業禁止
・認可
・報告及び検査
・業務改善命令
・指定の取消等
・業務移転命令