ビッグマック指数

読み方: びっぐまっくしすう
英語: Big Mac index
分類: 購買力比較

ビッグマック指数は、英国の経済誌「The Economist(エコノミスト)」が発表する、マクドナルドのビッグマックの価格によって各国の通貨の購買力を比較する指標をいいます。

購買力平価の考え方に基づき、マクドナルドが世界100カ国以上で販売しているビッグマックの価格を使って算出したもので、1986年に考案されて以来、同誌で毎年、各国のビッグマックのドル建て価格が報告されています。また、現在の為替レート(対ドルレート)とビッグマック指数を比較することで、割高か割安かが大まかに分かります。

例えば、日本でビッグマックが400円、アメリカで4ドルの時は、400/4=100となり、1ドル=100円が日本円でのビッグマック指数となります。もしこの時点で、為替レートが1ドル=105円だとすると、為替レートはビックマック指数に比べて円安であると見ることができます。

◎ビッグマックは、ほぼ全世界で同一品質のものが販売されており、原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、様々な要因を元に単価が決定されている。

◎このような仕組みから、世界各国の総合的な購買力を比較する際に、ビックマック指数は一つの参考基準となり、ビッグマックが安く買える国の通貨ほど過小評価されていることになる。

ちなみに、似たような概念の指数として、スターバックスのラテ(ミルク入りエスプレッソコーヒー)を使った「トール・ラテ指数」も同じエコノミスト誌から発表されています。