クレジットカード番号

読み方: くれじっとかーどばんごう
英語: Credit card number
分類: カード本体

クレジットカード番号は、「カード会員番号」とも呼ばれ、カード会社がカード会員を識別・管理するための番号をいいます。これは、カード1枚につき1つずつ付与され、カードの券面上に表示(エンボス)されており、通常、会員登録や利用代金請求などの業務は、この番号に基づいて行なわれます。

また、カード番号の桁数は、国際ブランドによって異なり、VISA・MasterCard・JCBは16桁、American Expressは15桁、Diners Clubは14桁となっています。

クレジットカード番号

一般にクレジットカード番号は、先頭の6桁の「発行者識別番号(BINコード)」、真ん中の最大12桁の「会員口座番号」、最後の1桁の「チェックデジット」の三つから構成されており、それぞれに意味(役割)があります。

発行者識別番号
先頭の6桁の番号で、カード会社を識別するもの。また、この番号の内、先頭の1桁を「主要産業識別子」と呼び、発行者が属している産業によって割り当てられている。

|会員口座番号|
真ん中の番号で、最大12桁となっており、クレジットカード1枚毎に固有の番号が割り当てられている。

チェックデジット
最後の1桁で、カード番号が正しいかどうかをチェックするためのもので、カード番号の全桁をLuhnアルゴリズムで算出し、その計算結果から正しいかを判断。

なお、インターネット上でのクレジットカード決済では、カード不正使用対策としてセキュリティコードを入力する場合を除き、カード番号・有効期限・会員氏名の3つだけで他人になりすますことが可能なので、これらの情報は絶対に知られないように注意しましょう。