CCT

読み方: しーしーてぃー
分類: クレジットカード|システム

CCTは、"Credit center terminal"の略で、クレジットカードの信用照会端末の一種をいいます。これは、各社独自のクレジットカード情報処理センターと接続し、そのセンターを介してCAFISと接続している信用照会端末のことを指します。また、CAFISとは、NTTデータが提供する、利用社数・取引量ともに日本で最大のカード決済総合サービスのことをいいます。

一般にCCTは、後発の規格ですが、日本独自規格であるCATとは異なり、グローバルな規格であるため、G-CATと同様、オーソリゼーション(信用承認)と同時にギャザリング(売上決済処理)が可能になっています。現在、利用されているCCTの端末には、INFOX、SG-T、JET-S、C→REX、CREPiCOなどがあります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。