投下資本利益率

読み方: とうかしほんりえきりつ
英語名: Return on Investment
分類: 財務・会計|財務分析

投下資本利益率は、「ROI」とも呼ばれ、投下した資本に対して得られた利益の割合を示す財務指標をいいます。これは、企業の収益性を見る基本的な指標で、通常、資本が効率的に運用されているかどうかを判断する際に活用されます。また、投下資本利益率の逆数(1/投下資本利益率)は、何年で投資回収できるかという「資金回収期間」を示します。

一般に自己資本利益率(ROE)が株主にとっての効率性を重視しているのに対して、総資産利益率(ROA)や投下資本利益率は企業の効率性に重点を置いています。また、投下資本利益率は、財務面(企業全体)では、投下資本全額に対する利益率を表しますが、その基本形(利益÷投資額)が単純であるため、これ以外にも様々なバリエーションがあります。例えば、キャッシュフローをベースにして、事業部門や個別のプロジェクト、個別の商品における投資対効果(投資効率)を評価する際にも活用されます。

なお、企業全体の投下資本利益率を算出する場合には、分子の利益は「経常利益支払利息」、分母にあたる投資は「借入金+社債発行額+株主資本」となります。また、算出に必要な数値は、財務諸表から全て得られ、その水準をチェックする際には、同業他社や業界平均と比較したりするとよいです。(業種によって、数値に結構バラツキがあり)

・投下資本利益率(%)
=(利益÷投下資本)×100
={(経常利益+支払利息)÷(借入金+社債発行額+株主資本)}×100