車両費

読み方: しゃりょうひ
分類: 勘定科目(P/L)

車両費は、「車両関係費」とも呼ばれ、企業の事業運営において、自動車にかかる費用をまとめて処理するものをいいます。これは、損益計算書(P/L)の販売費及び一般管理費に区分される勘定科目の一つで、具体的には、ガソリン代やオイル交換代、高速道路代、洗車代、修繕費、車検費、自動車保険料、自動車税など、自動車にかかる費用をまとめて処理することができます。

一般に企業の会計処理において、自動車に関する費用を全て「車両費」の勘定で処理すると、自動車にかかる年間コストを全体(トータル)や一台毎に把握・管理することができます。なお、自動車に関する各種費用を「車両費」の勘定を使用せずに、旅費交通費や燃料費、消耗品費修繕費、保険料、租税公課支払手数料などの勘定科目をそれぞれ使用して処理することもできます。